集中力

集中力アップする食べ物・飲み物【低GI食品が最適!エナジードリンクは飲み過ぎに注意】

更新日:

集中力アップさせる食べ物や飲み物

集中力をアップさせるためには、毎日の食事がとても重要です。

朝食や昼食に何を食べるかによって、その後の仕事や勉強に大きな影響が出てきます。

集中力の源であるウィルパワーは、選択や決断によって消費していきますが、そのエネルギーになるのが「食事」。

特に大切なのが「ブドウ糖」です。

しっかりと食事を取らないと、集中力を維持する為のエネルギーがなくなってしまうので、お腹が空いているときに集中できないのは当然のことなのです。

いの
なので、朝起きたら、集中力をアップさせる為の食事を取りましょう!

今回は、集中力をアップさせる為の食事の取り方、おすすめの食べ物や飲み物をご紹介します。

集中力アップには「低GI食品」の食べ物

集中力を維持するために大切なのが、血糖値の上昇をゆっくりにすることです。

人間は必ず食事をすることで血糖値が上昇するのですが、食べるものによって血糖値の上昇スピードが変わってきます。

そして、上昇した血糖値は必ず下降するということ、上昇スピードが早いと下降スピードも早くなります。

血糖値が下降すると、集中力も低下していくので、集中力を維持するためには、血糖値の上昇をや下降をゆっくりにする必要があります。

ここで血糖値の上昇をゆっくりにするのが、「低GI食品」です。

低GI食品は、血糖値の上昇がゆっくりなのに対して、高GI食品は、血糖値の上昇が早いです。

主食の低GI食品と高GI食品の一覧がこちら。

低・高GI食品

  • 低GI食品:そば、玄米、全粒粉パン、オールブラン
  • 高GI食品:白米、パン、ラーメン、うどん

一覧を見るとわかるとおり、精白された主食は「高GI食品」となり、精白されていない主食が「低GI食品」となります。

集中力を低下させないためにも、主食は「低GI食品」のものを選ぶのがおすすめです。

いの
私はラーメンやうどんが大好きなので、昼食に食べると、その後眠くなって集中力が低下してしまいます。

眠くなるのも、血糖値が急激に上昇するからなので、集中力アップのためには低GI食品をとるようにしないと…(難しい…)

集中力アップできる間食の食べ物

朝食や昼食に低GI食品を食べたとしても、約3時間で血糖値は低下していきます。

血糖値が低下すると、集中力も低下してしまうので、昼食後3時間程度で間食を食べるのがおすすめです。

12時に昼食をとると、15時に間食をとるのが良いのですが、ここでケーキやお菓子などをとるのはNGです。

ケーキやお菓子は、高GI食品のため、血糖値が急激に上昇してしまうので、その後急激に下降してしまい、集中力を維持することができません。

そこで、おすすめの間食がこちら。

集中力をアップする間食一覧

  • ピーナッツ
  • カシューナッツ
  • クルミ
  • アーモンド
  • ヨーグルト
  • チーズ

どれもタンパク質を含む食品で、集中力や思考力を回復してくれる間食です。

ピーナッツやアーモンドなどは、5~10粒ほどの量が目安です。

ヨーグルトは100g程度、チーズは6Pチーズやベビーチーズなどg程度15~20gの量がおすすめです。

いの
私は、間食にアーモンドとチーズを食べるようにしています。

アーモンドやチーズを食べると、落ちていた集中力がまたアップする感じがしますね。

集中力アップする飲み物

集中力をアップさせたい、維持させたい時は、飲み物も大切です。

もし、砂糖たっぷりの甘い飲み物をのんでしまうと、血糖値が急激に上昇して下降するので、集中力が低下していまします。

そこで、集中力をアップさせる飲み物の一覧がこちら。

集中力アップの飲み物一覧

  • コーヒー
  • 緑茶
  • 紅茶
  • ハーブティー

集中力をアップさせるのに良い飲み物は、シンプルに「水」です。

夏になると、暑さからボーッとしていまうのも、体に水分が足りずに集中力が低下してしまうからです。

こまめに水分を取るだけで、集中力を維持することができるので、机の上にペットボトルなどを置いて、水分補給をおこないましょう。

水の量は、1~2時間に150mlから200ml程度がおすすめです。

いの
私は、2時間毎に200mlの水を飲むようにしています。

机の上に水があると、気が散ることが多いので、休憩時に水を飲みにいくようにしていますね。

時々、少し刺激がほしいので、水ではなく炭酸水を飲むようにしています。

コーヒー

コーヒーには、カフェインがはいっているので、眠気などを感じる時や、集中したい時に飲むのがおすすめです。

カフェインは、効果を感じるまでに20分から30分ほどあるので、できれば眠くなる少し前に飲むのが良いですね。

ただし、コーヒーを飲みすぎてしまうと、カフェインの取りすぎとなってしまうので、1日2~3杯までにしましょう。

緑茶・紅茶

緑茶には、カテキンが含まれているので、脳の認知機能をアップさせてくれます。

また、緑茶や紅茶に含まれるテアニンには、集中力アップやリラックス効果もあるので、集中したいときにおすすめの飲み物です。

ハーブティー

カフェインレスの飲み物であれば、ハーブティーがおすすめです。

集中力をアップさせてくれるハーブのお茶を飲むことで、勉強や作業が捗ります。

おすすめは「ローズマリー」「ペパーミント」「ゴッコーラ」。

マテも良いですが、カフェインを含んでいるので、カフェインレスが良い人にはおすすめしません。

集中力アップに「エナジードリンク」はおすすめしない

集中力が落ちた時、少し眠い時は「エナジードリンク」を飲むことはありませんか。

カフェインやブドウ糖などがふくまれているので、飲むと眠気がさめて、集中できます。

しかし、エナジードリンクは飲みすぎてしまうと、逆にデメリットが多くなってしまうので、あまりおすすめしません。

エナジードリンクには、カフェインが多く含まれていることがから、脳に刺激が強すぎるのです。

また、砂糖もたっぷり含まれているので、飲み過ぎには注意が必要です。

もし、エナジードリンクを飲む場合は、125ml程度がおすすめです。

いの
エナジードリンクは最終手段で、普段は飲まないようにしています。

実は、どのエナジードリンクも100mlあたり10g以上の砂糖がが含まれているので、驚きです!

集中力アップする食べ物・飲み物【まとめ】

普段食べ物や飲み物に気をつけることで、集中力アップする、集中力を維持することができます。

集中力をアップさせる食べ物や飲み物は、体にも良いので、積極的にとるようにしたいですね。

  • 集中力アップには低GI食品
  • 間食にはナッツやチーズ
  • 集中力維持に水分をとる
  • カフェインの取りすぎに注意

-集中力

Copyright© INO ONE , 2020 All Rights Reserved.